裏庭のための軽量複合デッキ

私たちが直面している最大の選択は、おそらく屋外デッキを計画するときにどの材料を使用すべきかということです。一般的な材料は、ウッドデッキ、複合デッキ、PVCデッキであり、さまざまな材料の重量、性能、およびコストが異なります。 WPC軽量デッキは自然な色と質感を持っていますが、その耐久性と強度により、長期間の使用が保証され、改修とメンテナンスのコストが削減されます。

上記は裏庭に設置された軽量複合デッキプロジェクトです。デッキは裏庭の屋外レジャーエリア全体に広がり、カジュアルな集まりに最適なスペースを提供します。反対側のプールの周りにデッキを設置すると、より安全で乾燥した表面が得られます。デッキは滑り止めと断熱性に優れており、プールサイドを裸足で歩くことは危険ではありません。

軽量の複合デッキは木部繊維とプラスチックで構成されており、本物の木よりもはるかに軽量であるため、輸送と設置のコストを削減できます。一方、ソリッドコンポジットデッキよりも30%軽量であり、科学的に設計された中空ハニカム構造のおかげで、重量に耐えるのに十分な強度があります。